【スポンサー募集中!】第6回トラックドライバー甲子園(2/13追記)

【2月13日追記】

ブロンズ以上スポンサーさんの特典のひとつ、当日会場パネルへの社名掲載について、締め切りを2月18日(月)の申請までに延長致します、どうぞよろしくお願い致します。

 

【1月10日追記】

パンフレットおよびパネルへのスポンサー社名(およびロゴ)掲載の期限を、下記のとおりと致します。

◆第6回トラックドライバー甲子園パンフレットへの掲載:1月17日(木)の申請まで

◆会場パネルへの掲載:2月8日(金)の申請まで

上記期限を過ぎてもスポンサー申請は受け付けておりますが、準備の都合上、掲載については上記のとおりとなりますこと、ご了承ください。

【追記おわり】

-----------------------------------------------------------------------------------

毎年2月開催の甲子園大会、もちろん2019年も「第6回トラックドライバー甲子園」、開催いたします!つきましては例年通り、大会を支援して下さるスポンサーを募集いたします。今回も、寄付枠からゴールド&プラチナ枠まで、ご用意しました。

kyousnan

★詳細は第6回TD甲子園協賛提案書をご確認下さい。

猛暑でも台風でも現場で頑張るドライバーさんをぜひ、応援して下さい!皆様の暖かいご支援に、心より、感謝いたします。

 

スポンサー登録申請書は、「第6回トラックドライバー甲子園アワード」スポンサー登録申請書からダウンロードください。

問い合わせ、申請書提出は下記までお願い致します。

■第6回トラックドライバー甲子園実行委員会事務局(安立運輸㈱内)
eメール: dejima@anritsutransport.co
FAX : 03-3806-7429

【0212更新】スポンサー申請頂戴しました!

dna_track_logo

 

2019年2月12日現在、下記の方々より、「第6回トラックドライバー甲子園」へのスポンサー申請を頂戴しております。皆様の温かいご支援に、心より感謝いたします。

■「第6回トラックドライバー甲子園」スポンサー申込書 受付状況【申し込み順】
    区分 口数 金額 会社名
  1 寄付 1 ¥50,000 株式会社タイガー
  2 シルバー 1 ¥1,000,000 株式会社渡辺精工社
  3 寄付 1 ¥50,000 株式会社イー・ロジット
  4 寄付 1 ¥50,000 株式会社小泉運送
  5 寄付 1 ¥50,000 株式会社Profit Design
  6 ブロンズ 1 ¥300,000 株式会社ゴールド・スター
  7 シルバー 3 ¥3,000,000 矢崎エナジーシステム株式会社
  8 ブロンズ 1 ¥300,000 株式会社ロジ勤怠システム
  9 ブロンズ 1 ¥300,000 シーユーピー株式会社
  10 ブロンズ 1 ¥300,000 株式会社物流応援団
  11 シルバー 1 ¥1,000,000 いすゞ自動車販売店グループ(関東いすゞ自動車㈱)
  12 ブロンズ 1 ¥300,000 株式会社富士ロジ・エンジニアリング
  13 ブロンズ 1 ¥300,000 株式会社エー・シー・トランスポート
  14 寄付 1 ¥50,000 トヨタL&F東京株式会社
  15 シルバー 1 ¥1,000,000 日本ミシュランタイヤ株式会社
  16 シルバー 1 ¥1,000,000 東京日野自動車株式会社
  17 ブロンズ 1 ¥300,000 安立運輸株式会社
  18 ブロンズ 1 ¥300,000 株式会社シーネット
  19 シルバー 1 ¥1,000,000 トランコム株式会社
  20 ブロンズ 1 ¥300,000 株式会社金羊社
  21 寄付 1 ¥50,000 三井住友海上火災保険株式会社 
  22 ブロンズ 1 ¥300,000 株式会社ウインローダー
  23 寄付 1 ¥50,000 有限会社生島興業
  24 寄付 1 ¥50,000 JACSS株式会社
  25 寄付 1 ¥50,000 シノハラタイヤ株式会社
  26 ブロンズ 1 ¥300,000 株式会社ドラEVER
  27 寄付 1 ¥50,000 セイワ輸送株式会社
  28 寄付 1 ¥50,000 株式会社ジョブネットジャパン
  29 寄付 1 ¥50,000 協同組合WBS安心ネットワーク
  30 寄付 1 ¥50,000 ダックス株式会社
  31 寄付 1 ¥50,000 エスエーサービス株式会社
  32 寄付 1 ¥50,000 新明和オートセールス株式会社
NEW! 33 ブロンズ 1 ¥300,000 株式会社ディ・クリエイト
      ¥12,350,000  

【第六回トラックドライバー甲子園 チケット好評発売中!】

「トラックドライバーを子供たちの憧れの職業にする」という想いを実現するために提言している「誇り」と「安心」の「誇り」を体現するイベントが、トラックドライバー甲子園です。

第6回のテーマは「未来への一歩」です。トラックドライバーに誇りと安心を与えられる業界にしていくことで、未来に繋げていける様、皆さんの応援をお待ちしています。

http://t-d-k.jp/

■■開催概要■■■■
【日 時】
2019年2月24日(日)
開場 13:30/開演 14:30/終演予定 17:30
【会 場】有楽町よみうりホール
【参加費】5,000円
【内 容】
1)MVC~Most Valuable Company~(企業表彰)
2)MVD~Most Valuable Driver~(個人表彰)
3)情熱のプレゼン(企業チーム表彰)
4)イケメントラックドライバーコンテスト(個人表彰)
※開催内容は順不同、内容が変更する可能性もございます
【主 催】一般社団法人ドライバーニューディールアソシエーション

◆チケット購入はこちら↓
https://t-d-k6.peatix.com

※請求書、銀行振込でチケット購入をご希望の方は、下記までご連絡ください。
一般社団法人ドライバーニューディールアソシエーション事務局(担当:藤居)
メール: dna.secretariat@gmail.com
TEL&FAX 03-6820-0881
(メールを送って5日以上返信がない場合は、不着の可能性があります。お電話にてご連絡ください)

2019年1月度 DNA定例会開催レポート

2019年1月15日(火)新橋フィルポートにて、1月DNA定例会を開催しました。

『ドライバーのための健康改革』
講師:医療法人社団せいおう会鶯谷健診センター
   事務長 伊藤芳晃
   総務人事部 部長 窪田勝則
   産業保健部 課長補佐 加藤久美子

image4

昭和24年に設立された鶯谷健診センターは、70年の歴史を持ち、民営化して10年、年間受診者数は27万人にのぼります。1日あたり600名が受診可能で、完全男女別となっています。女性の健診の抵抗を加味して、女性ならではの空間づくりにこだわり、2007年に開業した女性ドックは大好評。検査技師やドクターも女性で、男性は一切立ち入り禁止で、現在予約も取れない状況。正確、安全、安心、スムーズをコンセプトに健診サービスを行っており、受診継続率も高いということです。会社の健康経営をサポートし、産業医契約やストレスチェック、健康セミナー受託もしています。健康経営ホワイト500を申請、5つ星を獲得、今年もほぼ間違いなく認定されるだろう、とのこと。会社が健康経営をすることでよい状況を作ること、そうすることでよい人材が残る、運送業界は人の動きも激しいので、より必要になるでしょう、というお話をいただきました。

image3

会社には従業員に対する安全配慮義務があり、50名以上の事業所は労基署に結果報告をする義務もあるので、ぜひ健康診断の受診率100%を目指していきましょう。中でも40-74才のうち、生活習慣病の発症リスクが高い方が対象となる特定保健指導は、平成20年から厚労省主体でスタート。目的は医療費の削減です。取り組み事例:A社(タクシー会社)では8年連続で特定保健指導を実施、対象者は全員で強制参加としてきました。不参加の従業員は乗務禁止。結果として、体重と腹囲は平均して70%改善、食習慣は45%改善。従業員も健康に対して前向きになってきた、ということです。またB社(タクシー会社)では3年連続で特定保健指導を実施。指導と合わせて禁煙・AS(睡眠時無呼吸症候群)対策も実施し、営業所によっては灰皿を自主的に撤去されたという事例もあります。鶯谷健診センターではこれら会社の健康経営をフルサポート。施設健診、巡回健診が可能、また、対象者には検査日当日に案内をするので従業員の方の意識が高いうちにお話ができる、ということでした。

image2

〇質疑応答

(質問)重い病気を患った社員がおり、復職後に話をしようとしたが、彼は基本的に寡黙。あまり話をしないという特徴はドライバーにはめずらしくないタイプで、会社として社員の健康状態を懸念する目的の話でも、上司の面談のようにとらえていた様子。そもそも健康に関するリテラシーが低いのもあるが、会社に言ってくれない、本当にひどくなるまで病院にもいかないドライバーに対して、健康を守る側としてどのように対応したらよいか。

(講師回答)再検査の判定が出ていても、病院に行く人は少ない。まずはそこから、というのはおっしゃるとおり。当施設で受診した場合は所見があった場合はその場で話をさせてもらうし、必要に応じてその場で予約表を渡す。確かに倒れてから、究極になってから病院に行く、という人はいる。健診を受けて終わりではなく、対処をしてそこまでが健康診断ですよ、というのは個別に、地道に話をして理解してもらう必要があるだろう。一方で、病院に行く時間を取らせる、というような管理職の教育も必要。会社の雰囲気として管理職がそこまで面倒をみてあげる、という空気を醸成することが大事。医療機関で働く人間ですら、自己判断をして病院に行かないケースもあり、健康に対するリテラシーをあげるのは大切。

(会場より)当社では朝の挨拶で確認する方法をとっている。本人にとっても体の状態がわからなくても、挨拶が元気ないな、となったら「どうしたの?」と気にかける。あとは健康診断の評価が悪かった社員に個別に話をする。病気は心から発生するので一番いけないのはストレス。そこにはメスをいれる。腰に負担がかかる仕事の場合は腰痛検査を促すこともある。国からの助成金などを活用しながら、会社も負担を少なくして、スタッフさんにも会社がサポートしてくれる、という安心感を与えるのも大事だろう。

 

(質問)個人情報保護法があり、健診結果をあまり言ってはいけないというのが昨今ある。これについてはどうか。

(講師回答)基本項目の健診結果は会社の人事が情報をまとめている。これを例えば会社の会議の場で公表するのはまずいが、1対1での個別面談の際には話には出せる。確かにプライバシーへの配慮は必要なので、必要に応じて産業医から面談をしてもらう、というのが良いだろう。一方で、トップがどういう意識をもって経営しているか、が大事。個人情報保護法は拡大解釈しているところもあるので、社員を健康を守るためなら、やり方を気を付ければよい。社員一人がいなくなることは会社にとって損失。勉強をすれば意識も変わる。意識のさせ方をどうするか。コミュニケーションは苦手だとしても、自分の健康は自分で守るしかない。まず健診で早く発見すれば医療費は削減される。けんぽの予算の中でも健診の費用は10%あるかないか。ここをもっと充実させて、不幸な例を1つでも2つでもなくしていきましょう、ということ。最終的には自分で守るしかない。会社ができることは啓蒙。言い方を考える必要のある人もいるし、根気よく、地道に意識付けしていくしかない。あとは産業医をうまく使う。

image1

(質問)運送業界には社会保険未加入事業社がいたりするが、過去の分まで訴求して支払う必要性があり、それが結構な金額になることが加入を阻害する一因にもなっている。訴求がなくなるだけで、加入率も上がるのでは?

(講師回答)公平公正という大原則がある。そこをなくしてしまうと、きちんと公正にやっている会社からすると不公平になる。

 

(質問)年一回の健康診断を義務付けられて守っている会社も多いが、例えば癌を発見するのは難しいのか?健康診断とは別に何かをしないといけないか?

(講師回答)癌は通常のX線検査だけだと判定しづらい。法定項目だけだと癌の発見には足りない、法定項目は生活習慣病に偏っている。よって、がん検診ないしは人間ドックと併用していただきたい。検査はある程度ターゲットを決めてやるものなので、癌に関しては、網目を小さくすることが大事。癌は治る時代だから早期発見が大事。ある程度最新の検査を毎年同じことをやらなくてよいので、検査項目を変えて受けるのがよい。

 

皆さんは、年1回の健康診断を受診していますか?会社が従業員の健康を守り、労働環境を整えるのは義務である一方、従業員の側も自分の健康は自分で守るという「自立」が必要です。講師によると、年齢関係なく、若い人にも健診を受けてもらいたい、ということでした。若いうちに自分を知れば、そこから煙草をやめたりする、若いうちから対策することで功を奏する、食生活と睡眠と運動にも気を付ける、大原則でしょう。「一人教育してきた人間がいなくなるのは会社としても損失。企業として健康項目に費用を割くのは会社としては義務だろう。国としても医療費を削減したいので、しっかりやらない企業にはペナルティを課す方向性である」ということでした。貴重なお話、ありがとうございました。

次回DNA定例会は3月12日(火)四谷にて開催です。

12月度DNA東海ブロック定例会 開催レポート

12月11日(火)、DNA東海ブロック定例会を、開催しました。

今回は、山田団長こと、ヤマネット社代表の山田泰壮様を講師に迎え、「コーチング勉強会」を行いました。

コーチングとは何でしょうか。「教える」というのが指導する側からされる側への教え、であるのに対し、コーチングは広辞苑によると、「本人が自ら考え行動する能力を、コーチが対話を通して引き出す指導術」です。

DNA定例会東海12月

 聴くこと(受け手)の大切さを理解し良い社風を創り上げていくコラムの朗読のあと、コーチングの目的は

  ①成果を創り出すこと(社風の向上) 
  ②健全な人間関係づくり

にあることを、お話していただきました。

その後、参加者がAさん(=クライアント)、Bさん(コーチ役)に分かれて実習を行いました。テーマは「楽しかったこと、嬉しかったこと」。まずはクライアントであるAさんから、コーチ役であるBさんにテーマに即した話を1分お話します。この時、Bさんの聞き方次第、つまり興味がある態度か、ない態度か、でAさんの立場に立った人は、印象が大きく変わります。後者の場合、つまり、自分の話をさして聞いてもらえていない、と感じた場合は、その後、積極的に話したり、コミュニケーションを取ろうとはしなくなるものです。当然前者は、その逆です。

DNA定例会東海12月-2

その後、テーマを「1年の振り返り&来年のビジョン」に変更、再びAさんからBさんに3分話をしますが、今度はCさん(第三者)がBさんのコーチぶりを観察し、その良いところや癖を観ます。客観的な意見をもらうことで、さらに実習を俯瞰してみることができます。

実際にやってみると、「聞く態度」がいかに相手の能力や魅力を引き出す力をもっているかを体感できて面白いです。このコミュニケーション、仕事の場だけではなく、学校のような教育現場や家庭での親子関係でも共通するところが見られますね。

山田団長、貴重なワークショップをありがとうございました。

 

さて、次回の東海ブロック定例会では 1/22(火)15:00~ 『株式会社マイロジ(マルヒデ運送より社名変更)』の企業訪問を企画しています。お楽しみに!

会員さんに聞いてみました(有限会社裕進運輸編)

D.N.Aの会員さんに聞いてみました。第一弾は「有限会社裕進運輸」さんです。

「トラックドライバー甲子園」にも登壇経験あり、過去に最優秀賞にも選ばれている素晴らしい取り組みをしている会社さんです。

 

IMG_3684

 

1. 貴社の基本情報を教えてください。

昭和40年2月10日創業
代表 渡部裕之
本社 三重県三重郡菰野町千草4992-7
ほか、菰野営業所、愛知営業所、金沢営業所

→D.N.A東海ブロックの定例会に参加されている会員さんです。D.N.Aはいま、全国に活動を広げていますが、東海ブロックは中でも一番活動が活発なイメージがありますね。

IMG_7427

 

2. D.N.Aの入会経緯や入会理由を教えてください。

  前杉本理事長からの紹介

 

3. 実際、入会してみてどうですか?

どんな事でも気軽に相談できたり、新しい情報を提供してもらったり、意見交換の場として、とても有意義であると思います。

→ありがとうございます、他ブロックでも、自社の経営について、ドライバーさんの環境改善について、真剣に勉強・相談できる場だと、好評頂いています。

図1

 

4. 貴社独自のエピソードを教えてください。

三委員会があり、それらを社員が運営、それぞれが成果をあげています。
「事故ゼロ委員会」交通事故、商品事故、クレームゼロにするため事故防止対策、講習会の開催等。

IMG_0572

「環境問題対策員会」エコドライブ、メンテナンス、クリーン活動、ボトルキャップ、アルミ缶、プルトップ回収

「あたりまえ委員会」あたりまえの事をあたりまえにできるように、あいさつから、みだしなみ、“仲間”についてなど幅広いテーマに取り組んでいます。
あたりまえ委員会から生まれた“部活動”では、
野球部、音楽部、料理部、トレーニング部など結成、活動を通じて積極的なコミュニケーション、健康促進などを図っています。

→あたりまえ委員会、いいですね!そこから派生する部活動も素晴らしいです。社内のコミュニケーション円滑化は、仕事にも直結することと思います。

IMG_7429

 

5. 今後、D.N.Aに期待することは何ですか?
 会員数をもっと増やし、もっと活発な活動をしていけたらと思います。

→ありがとうございます。ご紹介も大歓迎です!

 

6. 最後に、D.N.A会員やD.N.A入会を検討している方にメッセージを。
ここでしか学べないこと、共に学ぶ皆さんの姿勢、どれも自社・自身の成長につながる場だと思います。

IMG_1161

 

裕進運輸さん、ありがとうございました!